【経歴】阿部大輔はデザイナー!岡山出身でアパレルブランドTASTYBLUE経営

阿部大輔はデザイナー!ブランド名はTASTYBLUE!

2020年7月に、婚活リアリティー番組「バチェロレッテ2」がいよいよ始まりました。

そんなバチェロレッテのシーズン2男性メンバーに選ばれた、最年長の阿部大輔さん

阿部大輔さんは「経験値を余裕に変えたいオトコ」と紹介されています。

現在はデザイナーとして活動していますが、どうやら異色の経歴をお持ちのようです。

阿部大輔さんの経歴について調べていきたいと思います。

それでは、ご覧ください。

タップできる目次

阿部大輔・デザイナーのプロフィール

  • 名前:阿部大輔(あべ だいすけ)
  • 生年月日:1982年7月16日
  • 身長:171cm
  • 星座かに座
  • 血液型:A型
  • 出身:岡山県倉敷市
  • 趣味:野球観戦、ドライブ、温泉
  • 職業:デザイナー、アパレルブランド経営、画家、司会業、HIPHOP MC

阿部大輔さんは、岡山県倉敷市出身の40歳になります。

バチェロレッテ2に参加している男性メンバーの中では、最年長です。

最年長ということもあり、みんなからアニキと呼んでもらいたいと話していましたね。

岡山の高校時代は?

高校時代の阿部大輔さんは、勉強より気の合う仲間と青春の日々を送っていたようです

夜には、みんなでラジカセを持参して駅前に集合してスケートボードをしたり。

休みの日にはバイクでツーリング、さらにはバーベキューをしたり。

阿部大輔さん自身も、今振り返っても「学生時代は最高だった」と言っちゃうくらい青春を謳歌していたようです。

高校卒業後、進学はしなかったみたいですね。

その後、20歳のときに地元岡山県から上京して東京で一人暮らしを始めます。

阿部大輔の経歴が異色?

  • 「MC Senzui」という名前でHIP HOP MCとして10年活躍
  • 2014年 新豊洲にバカンスカフェ「THE BEACH 55」オープン
  • 2015年 アパレルブランド「TASTY BLUE」立ち上げ
  • 2022年 司会、画家としても活動開始

阿部大輔はアパレルブランドTASTYBLUE経営

阿部大輔さんは、現在デザイナーとして活動しています。

しかし、デザイナーになる前はなんとHIPHOPのアーティストだったようです。

18歳の時に、ラップやHIPHOPと出会ってからのめり込み、本格的に始めます。

そして、20歳の時に地元の岡山県から上京

2008年頃、HIPHOP MCとして活躍。

阿部大輔さんは当時、「MC Senzui」という名前で活動していた元ラッパーなんだそう。

渋谷を中心に、クラブで開催されるHIPHOPやレゲエ、R&Bを中心としたイベントによく出演していたんだとか。

ガッツリ10年間ほどHIPHOP漬けだったんですね。

HIPHOP界では、なかなか有名だったそうですよ。

その頃の写真はかなりイケイケです。

引用元 オフィシャルブログ

バチェロレッテ2の紹介動画では落ち着いた大人な雰囲気でしたが、その姿からはとても想像できませんね。

そこでライブだけではなく、イベントでのMCとしても活動していました。

ライブMCやイベントMCの経験を活かして、現在は司会業も始めているみたいです。

そんな阿部大輔さんですが、現在は、主にアパレルデザイナーとして活動しています。

自分自身で「TASTY BLUE(テイスティーブルー)」というブランドを立ち上げて、ネット通販にて販売

最初の頃は、趣味の延長で自分でハンドメイドしたアクセサリーなどを個人的に販売する程度だったんだそう。

しかし、だんだん注文が殺到するようになります。

そしてついに、2015年5月にブランド「TASTY BLUE(テイスティーブルー)」をリリース。

「TASTYBLUE」は

デニムを使ったアイテムや海を感じられるもの、自身の直感で惹かれるもの、流行にとらわれず、何年先も着られるデザイン

コンセプトにしています。

洋服だけではなく、洋服に合うアクセサリーや小物の販売もしています。

引用元 Instagram
引用元 Instagram

デザインを作る際には、このようなことをイメージしているそうです。

「TASTY BLUEはアメカジとSURFスタイルのMIXをイメージしています。海やビーチが似合う様にデザインをしていますが、”海や砂浜” だけでなく ”都会の街”にも映える様なアメカジサーフをイメージしています。オルテガやフェザー、刺繍などを取り入れて少しネイティブ感も出しつつデザインしています!」

引用元 インタビュー記事

さらには、「TASTYBLUE」のデニムは、阿部大輔さんの出身地である岡山県倉敷市の児島でつくられています

岡山県倉敷の児島といえば、「国産ジーンズ発祥の地」で日本が世界に誇るデニムの産地。

デニムをデザインする際には岡山県倉敷市の児島まで行き、細部の細かいところまで徹底的にこだわったうえで生産されているそう。

引用元 Instagram

阿部大輔さんは「TASTYBLUE」のデザイナーだけではなく、代表も兼任しているのですごいですよね。

普段はオンラインストアでしか「TASTYBLUE」の商品は購入できません。

ですが、今年の夏に全国でポップアップストアが開催されるみたいです。

自身のインスタグラムでは8月13日、14日に阿部大輔さんの出身地である岡山県からスタートされるとの情報がありました。

阿部大輔さんも店頭に来られるようなので、興味のある方はぜひ行ってみてください。

そして、今年の夏はアートからメッセージを届ける画家としても活動していくんだそう。

絵もすごくお上手です。

引用元 Instagram

阿部大輔さんはいろんな才能をお持ちのようで、とても多才ですね。

阿部大輔さんはHIPHOPアーティストで元ラッパー

さらにはデザイナー兼代表として「TASTYBLUE」を立ち上げ

今後は、司会業に画家としても活動

なかなか異色の経歴をお持ちですね。

まとめ

今回、バチェロレッテのシーズン2の男性メンバーに選ばれた阿部大輔さんについて調べてみました。

バチェロレッテ2では「経験値を余裕に変えたいオトコ」と紹介されていましたね。

阿部大輔さんは現在、デザイナー兼代表として活動していますが、元ラッパーとは驚きですね。

さらには司会や画家としても活動

たくさんの経験を活かして、バチェロレッテではぜひ活躍してほしいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

阿部大輔はデザイナー!ブランド名はTASTYBLUE!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる