【顔写真】片井裕貴の高校野球部時代や実家とfacebookを徹底調査!同志社大学アメフト部

2022年9月8日、泥酔状態だった女子大学生に性的暴行をした疑いで同志社大学のアメリカンフットボール部である片井裕貴が逮捕されました。

今回の記事では片井裕貴の顔写真やプロフィールをまとめていきます。

目次

事件概要

画像引用元:日テレNEWS

2022年の5月21日の未明に、京都市中京区にある飲食店で20歳の女子大学生と飲酒し、酩酊状態となった女子大学生を片井裕貴の自宅に連れていき、4人で性的暴行を加えた疑いです。

4人と被害にあった女子大学生は、20日の夜にバーでナンパで知り合ったばかりだったようです。

事件後、女子大学生が警察に相談し、発覚したという経緯です。

実際に5月21日に事件が起きてから、9月8日に逮捕されるまで時間がかかっているので、容疑者たちが大学生でもあることから慎重に捜査されていたものと思われます。

片井裕貴のプロフィール

画像引用元:同志社大学体育会アメリカンフットボールクラブ WILD ROVER

名前 片井裕貴(かたい ゆうき)

年齢 21歳

住所 京都市上京区昆沙門町

大学 同志社大学4回生

身長 176cm

体重 77kg

部活 アメリカンフットボール部

ポジション DB(2022年度ポジションリーダー)

背番号 24

顔写真は?

片井裕貴の顔写真は報道されていません。

そこで同志社大学のアメリカンフットボール部の公式ホームページのメンバー一覧を調べましたが、サーバーがダウンしていて入ることができませんでした。

もしかすると、顔写真はすでに削除されている可能性があります。

次に、同志社大学アメリカンフットボール部の公式インスタグラムを発見しました。

画像引用元:インスタグラム

以前は横顔ではありますが、片井裕貴の顔を見ることができます。

片井裕貴は2022年度のDB(ディフェンディングバック)のポジションを務めていたようで、抱負などが紹介されています。

現在同志社大学アメリカンフットボール部のインスタグラムは片井裕貴を含む容疑者4人に関する投稿はすべて削除されています。

Facebookやインスタグラムは?

片井裕貴のFacebookについて調べてみましたが、同姓同名のアカウントを発見しました。

ただ、基本情報の登録がなく本人のものと断定できませんでした。

またインスタグラムのアカウントについては、片井裕貴と同性同名のアカウントがありました。

紹介欄には、『Doshisha』と書かれています。

また、プロフィール写真も背番号24が書かれたアメリカンフットボールのユニフォームをきた後ろ姿ですので、おそらく本人のものと考えられます。

しかし、アカウントは非公開となっており、中を閲覧することはできませんでした。

片井裕貴の学歴は?

ここからは片井裕貴の学歴について調べていきます。

同志社大学在学中!

画像引用元:Wikipedia

片井裕貴は同志社大学政策学部政策学科在学中です!

名前 同志社大学

学部 政策学部政策学科

住所 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町601

偏差値 60

21歳で4回生ということなので、おそらく現役入学です。

なので、2019年4月入学となります。

大学ではアメリカンフットボール部所属!

片井裕貴は同志社大学アメリカンフットボール部に所属しています。

同志社大学アメリカンフットボール部といえば、関西一部リーグに所属するアメフトの超強豪校です。

現在は2022年度の秋のリーグ戦が行われている真っ最中であり、4回生にとっては最後のリーグ戦となります。

片井裕貴も4回生であり、DBのポジションリーダーとして気合が入っていたかもしれません。

ちなみに、1回戦は関西大学に41-2で負けています。

そして、2022年9月17日12:00には同じく関西一部リーグに所属する近畿大学との2回戦が予定されています。

ただ、こちらは事件が発覚する前の情報なので、今後の同志社大学の出場を含め試合に関する情報は現在のところ入っていません。

もしかすると、出場辞退もあり得るので、今後の動向に注目です。

高校は?

画像引用元:みんなの高校

片井裕貴は清教学園高等学校出身です!

学校名 清教学園高等学校

住所 〒586-0051 大阪府河内長野市末広町623

偏差値 65

清教学園高校は、大阪府河内長野市市にある私立高校です!

キリスト教主義のプロテスタントに基づいて学校法人清教学園が運営している中高一貫校です。片井裕貴が中高一貫か、高校から編入したかの情報は分かりませんでした。

偏差値も非常に高く、超難関国公立大学や私大への進学が多いようです。

清教学園高校には寮の情報が特になく、片井裕貴も自宅から通っていたと思われます。

ただ現在、片井裕貴は京都市上京区昆沙門町に住んでいるようですが、事件も片井裕貴の自宅で起こっていることから、事件の内容的にも実家は別にあると考えられます。

もしかすると、清教学園高校のある大阪府出身かもしれませんね!

高校時代は野球部!

画像引用元:インスタグラム

片井裕貴は小学校2年生から高校までは野球をしていたようです!

甲子園に出場した経験はないようです。

同志社大学アメフト部のインスタグラムの投稿の中で片井裕貴が野球をやっていたことを公表しています。

また高校の頃の野球部の投稿も行っており、画像に関して片井裕貴本人が、私は右下です、と発言しています。

鮮明ではありませんが、片井裕貴本人と思われます。

高校を卒業後も、野球をやるつもりだったようですが、高校時代に友達に勧められアメリカンフットボールをみたところ心惹かれ、強豪校として名の知れた同志社大学への進学を目指したようです。

アメリカンフットボールをやるために、同志社大学入学を決めたようですね!

片井裕貴の家族は?

現段階で片井裕貴の家族に関する情報はありませんでした。

今後、情報が入ってくるかもしれませんので動向を見守ります。

世間の声は?

SNSでの反応を調べていきます。

ツイッターでは、片井裕貴を含む事件を起こした4人に関して、厳罰を望むなど冷ややかな声が多く目立ちました。

また、関西1部リーグにいて、超強豪校としてしられている同志社大学アメフト部の他の部員への風評被害を気にする声も観られました。

そして事件を受けて同志社大学も声明を発表しています。

「本学の学生が性的暴行を加えたとの疑いで逮捕されたとの報道がなされています。

事件の詳細についてはまだ把握できていませんが、大学としても極めて深刻な事態と受け止め、被害を受けられた方に対して心からお見舞い申し上げるとともに、社会をお騒がせしていることに対し深くお詫びします。

今後の捜査と事実の解明に全面的に協力することはもちろんのこと、事件を起こした当該学生および所属クラブに対する処分を含めて、厳正に対処してまいります」

同志社大学 学長 植木朝子

同志社大学HP

片井裕貴にもこの事件を受けて、停学や退学など同志社大学からなんらかの処分があることは間違いなさそうです。

また片井裕貴が所属していた同志社大学アメリカンフットボール部にも処分を下す可能性があることも示唆されているので、今後の動向にも注目です。

まとめ

今回の記事では、泥酔状態だった女子大学生に性的暴行をした疑いで逮捕された同志社大学のアメリカンフットボール部である片井裕貴について調べていきました。

片井裕貴は同志社大学政策学部政策学科在学中で、2022年度の同志社大学アメリカンフットボール部のDBポジションリーダーとして活躍中であったことがわかりました。

また、高校も偏差値65の清教学園高校出身で、野球経験者である情報もありました。

今回の事件についてまだ本人の認否は明らかになっていないので、今後に注目していきたいですね!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる