【画像比較】野田聖子の若い頃の足がきれい!夫との馴れ初めは一目惚れ!

最後に行われた2019年の衆院議員選挙での女性の割合は世界でも最低ランクの9.7%とかなり低いです。

まだまだ男社会が抜けない政治の世界の中で、一際輝く女性議員野田聖子さんの若い頃がかわいいと評判です!

そんな野田聖子さんの若い頃と現在の画像比較や、夫との馴れ初めについて調べていこうと思います!

目次

【画像比較】野田聖子の若い頃と現在

簡単なプロフィールをご紹介しながら、野田聖子さんの画像を見ていきたいと思います!

こちらは野田聖子さんご本人のインスタグラムです。

1960年9月3日生まれということで、2022年現在61歳ということですが、見た目よりもかなり若く見え、本当に若々しく感じます!

野田聖子さんのお写真で良く見るこちらのスーツは、色もとても品を感じるロイヤルブルーです。

あえてオーソドックスなデザインを選ばれて、場によらないもの選んでいるのかもしれませんね!

よくお似合いです!

それではここから、若い頃の野田聖子さんに注目していきます。

画像引用元:Yahoo!検索

こちらの画像は野田聖子さんが26歳当時初めて、史上最年少で岐阜県議会議員になられた頃の選挙ポスターです。

今の面影をもちろん感じますが、可愛らしい感じですよね!

その後、29歳の初出馬では衆院選は落選していますが、32歳の時に1993年の第40回衆議院議員総選挙にて再び立候補し、「衆議院にも自民党の女性議員を」 との公約を掲げて初当選しています!

野田聖子さん自身は出身は福岡県北九州市です。

ただ、野田聖子さんと養子縁組をした祖父であり、また元国会議員であった野田卯一さんの出生地が岐阜県岐阜市であることから岐阜1区からの出馬のようです。

画像引用元:Yahoo!検索

こちらは野田聖子さんが小渕内閣で37歳10ヶ月という史上最年少で郵政大臣に任命された時の写真です!

とても細くて美しいですね!

画像引用元:Yahoo!検索

こちらは2001年当時の結婚会見をされた際のお写真です。

当時、夫婦別姓の活動をしていたため事実婚であった元夫の鶴保庸介さんといらっしゃいますね。

画像引用元:デイリー新潮

2010年頃に野田聖子さんが幹事長代行として元夫の鶴保庸介さんの選挙応援されている写真です!

2006年に不妊を理由に離縁されているので、この時にはもう別れているようです。

この頃からすでに野田聖子さんの人気もとても高く、写真の中のご本人もイキイキと美しいですね!

画像引用元:オリコンスタイル

こちらは2012年頃の野田聖子さんです。

現夫である野田(旧姓木村)文信さんとご結婚され、2010年5月に卵子提供を受けて体外受精を実施して出産されたお子さんと一緒に写っていますね!

このとき52歳ですが、本当に若く美しいですよね!

野田聖子の若い頃はかわいいし脚が綺麗!

野田聖子さんについて調べると、一緒に「脚」という検索ワードが上がってきます。

そしてその画像を見てみると驚愕でした!

画像引用元:産経新聞

若かりし頃の野田聖子さんは、ボディコン風のピッタリしたスーツにミニスカートなど、本当に似合っていてかわいいですよね!

また野田聖子さんが美脚の持ち主だということもよくわかります。

画像引用元:ぎふ政治経済研究会

こちらは2019年の岐阜政治経済研究会の例会での野田聖子さんです。

当時58歳ということですが、本当に足が綺麗ですよね!

年齢を重ねられても、キープされ続けていることが素晴らしいです!

野田聖子と夫の馴れ初めは一目ぼれ

画像引用元:週刊文春

先述しましたが、野田聖子さんは現在の夫である野田文信さんと2011年に結婚されています。

そんなお二人の馴れ初めですが、なんと野田聖子さんの一目ぼれだったそうなんです!

2007年に野田文信さんが当時、大阪で経営していた韓国料理店に野田聖子さんが訪れ、そこで野田聖子さんが一目ぼれされたということです。

それから4年間お二人は遠距離恋愛をされていましたが、2011年1月6日に野田聖子さんが長男である野田真輝さんを、アメリカでの卵子提供の末に出産しました。

これがきっかけとなって入籍されたとのことです。

野田聖子大臣の夫・野田文信は反社?

野田聖子さんの夫である野田文信さんは、2022年に8月8日に最高裁判所にて反社会的勢力(元暴力団員)に所属していたことが認定されたと報じられています。

野田聖子地方創生相(61)の夫・野田文信氏が、過去に暴力団員だったなどと報じた「週刊文春」の記事は事実無根で名誉を傷つけられたとして、発行元の文藝春秋に1100万円の損害賠償を求めていた訴訟。

最高裁判所第一小法廷は8月8日、文信氏の上告を棄却。

文信氏が元暴力団員と報じた点について、「真実である」とする東京高等裁判所の判決が確定した。

文春オンライン

もともとは、「週刊文春」が2018年8月2日号にて、夫である野田文信さんが「会津小鉄会」傘下の「昌山組」に所属する暴力団員だったことなどを報道したことが発端です。

そこで、野田文信さんは元暴力団員だった事実はないなどとして、東京地方裁判所に文藝春秋を提訴して最高裁まで持っていかれて、判決が確定した、という経緯です。

この結果が、日本初の女性総理大臣に一番近いと言われている野田聖子さんに、どう響いてくるのか今後も目が離せません。

まとめ

今回の記事では野田聖子さんの若いころから現在に至るまでの画像を比較して、さらに美脚についても検証しました!

以前から変わらず、かわいらしくまた現在に至るまで美脚をキープされていることがわかりました。

また、入籍はしていないものの元夫がおり、その後現夫である野田文信さんに一目ぼれし、結婚されていました。

ただ野田文信さんは最高裁で元反社勢力に所属されていたことが認められ、今後の野田聖子さんの政治生命について気になるところです。

女性初の日本の総理大臣は誕生するのか今後も注目してみていきたいですね!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる