【死因】古谷一行の予期せぬ急死の理由!原因は肺がんではなくワクチン副作用か

【死因】古谷一行の予期せぬ急死の理由!原因は肺がんではなくワクチン副作用か

『急死だった古谷さん』

8月23日に古谷一行さんが享年78歳という若さで死去されていたことが、9月2日のフロム・ファーストプロダクション事務所の公表で分かりました。

金田一耕助役などで活躍された役者さんですが、お亡くなりになった日と発表された時期にかなりの期間があることで”死因に疑問”をもつかたが多くわ注目を浴びています。

今回は、古谷いっこう(本名:かずゆき)さんの死去にお悔やみを申し上げるとともに、死因についてのSNSなどの声を集めました。

目次

古谷一行が予期せぬ急死!死去日と発表のずれ

innyou :

フロム・ファーストプロダクション事務所の公表で分か

調が悪い』とのことで、大事を取って検査をすることになりまして。『入院してくるわ』と言って検査のために病院に泊まったのですが…。本当に急死で…。トレーニングに通って復帰に向けて頑張っている矢先でした」とショックを隠せなかった

引用:東スポ

報道しているメディアの情報を確認すると、古谷一行さんは調子が悪いもののトレーニングなどもされていたご様子です。

一方で、晩年の古谷さんは病と闘う日々でした。

2011年10月に、定期健診で”早期の肺がん”であることが発覚して、11月に腫瘍の切除手術を行い仕事復帰しました。

世間の声や反応

世間は予期せぬ急死についてどのような反応か見ていきましょう。

やはり、古谷一行さんの死因について気になっている人がめちゃくちゃ多かったです!

予期せぬ急死とあるので、死因は”肺がん”ではなく”ワクチンの副作用”とにらんでいる声ですね。

一方で、問題を事務所の記載に焦点をあて、もともとの持病であった肺がんと考えている人もいるようです。

古谷一行さんの死因を隠蔽や改ざんしているかについては、賛否両論の意見でした。

古谷一行の死因は肺がんではない?真相はいかに

引用:東スポ

古谷一行の死因について、現在不明とされています。

古谷一行さんの病気の経歴についてまとめておきます。

  • 2011年の定期健診で肺がんの申告を受ける
  • 2014年には脳への転移が見つかりましたが、放射線治療で完治
  • 2020年には急性胃潰瘍で救急搬送
    体重は20キロ落ちたものの、近所の飲食店などで家族と仲良く食事する姿などが目撃
  • 2022今秋の仕事復帰を目指し、スポーツジムに通う
    亡くなる数日前から顔色が悪く、自ら「入院するわ」と言って、病院に行った日に息を引き取った

事務所関係者も”青天のへきれき”というほどの急死で、死因は分かっていないという。

まとめ

今回は、古谷一行さんが予期せぬ急死されたとのことで死因について調査してきました。

死因については、現時点では公表されておりません。

死去された日と所属事務所が公表した期間にずれがあるので何かしら理由があるのでしょう、今後の発表を待ちたいと思います。

本当にお悔やみ申し上げます。
また、息子さんお孫さんのご活躍をお祈り申し上げます。

【死因】古谷一行の予期せぬ急死の理由!原因は肺がんではなくワクチン副作用か

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる